• 借金一本化.net

債務整理とは?自己破産・個人再生・任意整理・過払い金返還請求・特定調停の特徴まとめ

債務整理

「債務」すなわち借金を整理する方法のことを債務整理といい、借金を抱え,苦しんでいる方たちの多くには,債務整理で借金生活から救われる道があります。

債務整理に対する十分な情報と理解があれば,借金から解放されます。

債務整理の方法には、自己破産、個人再生(個人再生は<民事再生>を個人が使いやすいように簡易化したものです。個人再生は<民事再生>に比べて手続が簡単になっています。)、任意整理、特定調停といくつかの種類があります。

また、既に払い終えた借入れに対しても,払い過ぎた利息を返還請求できる 過払い金返還請求 という手続もあります。



○自己破産(借金の返済が不要になります。)

自己破産

自己破産に対し「人生の終わり」のように非常にマイナスのイメージを多く持つ方もいると思いますが,そうではありません。

前途ある人生を前向きに生きていただくため,借金超過で苦しんでいる人を救済するために国が作った制度です。

現在ある借金を全て処分します。

返済することができない状況に陥ったことを裁判所で認められれば免責となり、借金を返す必要がなくなります。

 戸籍に残ったり,会社(就職)に影響があるわけではありませんし,家族が保証人でない限り家族にも影響が出るわけではありません。

 ただし、資産がある場合は没収されるので、高価な財産を手放すことになりますが,今後の収入は生活費に充てることができます。



○個人再生

個人再生

個人再生はまず借金を減額してから、その借金を3年で返済していく方法です。

住宅などの資産を残したまま整理することができます。

但し、個人再生の場合は、住宅ローンを除いた債務額が5000万円を超えないことが必要ですが、<民事再生>の場合はそのような制限はありません。

また、個人再生の場合は、個人再生委員がつく場合がありますが、<民事再生>の場合は現在の運用では監督委員が必ずつきます。

この点から、費用の点で大きな違いが出てきます。

個人再生で個人再生委員をつける場合は個人再生委員の報酬として15万円から20万円が必要になりますが、<民事再生>の場合は、監督委員の報酬として最低でも200万円が必要とされます。

もちろん申立代理人に支払う費用も<民事再生>の場合は、個人再生に比べて高額になります。

したがって、<民事再生>手続は会社が再生する場合に使われます。

個人について、<民事再生>手続きが選択される場合は、個人で病院をやっている医師などが対象となり、一般のサラリーマンが利用することは通常ないと思います。



<民事再生>(借金が大幅に減らせます。)

現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらい,減額された借金を3年かけて分割で返済していく手続です。

おおよそ5分の1から10分の1まで減額されます(住宅ローンは除かれます)。

この手続には「小規模民事再生」「給与所得者等再生」があります。



○任意整理(今後の金利がなくなります。)

任意整理

今後の金利がなくなり,借金の総額と毎月の返済額を減額でき,一部の借金だけ選んで整理することが可能です。

場合によっては過払い金が発生し,既に支払ったお金が手元に戻ることもあります。

とはいうものの、任意整理は個人での訴えを受け入れる金融機関はまずありませんので、弁護士や司法書士などがあなたに代わって交渉します。

借金の減額、分割での支払いなどを要求しますが、最近では過払い金の請求も併せてする場合が多いです。

借金の総額が減りますし、月々の返済金額も少なくなり完済を目指します。



○特定調停

特定調停

特定調停は裁判所で調停委員(第三者)を間に置き、債権者と交渉します。

任意整理と違い、本人によって行えますが、充分な準備や知識が必要です。



○過払い金返還請求(払い過ぎたお金を取り戻しましょう。)

過払い金返還請求

過払い金とは、消費者金融やカード会社等から借り入れをして、返済するときに一緒に返している利息のうち、本来支払う必要がないにもかかわらず,貸金業者に支払い過ぎてしまっている金利分のことを意味します。

借入期間が5年以上で金利が18%を超える方は,要チェックです。

過払い金返還の手続であなたのお金が返ってきます。

長年借り入れをしている方は,引き直し計算で借金が貯金になるケースもあります。

過払い金の返還請求の権利は、最後の返済日から10年未満である必要があります。

過払い金返還請求は最後の返済日から10年を経過すると、権利が消滅してししまいますので、注意しましょう。

また、請求先が倒産してしまうと、10年未満であっても、請求ができなくなってしまうので、過去に借入があって、不安な方は返済内容を確認するようにしましょう。

過払い金の請求にあたっては、各業者との「直接交渉」と、裁判所を介することで行う「過払い金返還請求訴訟」の2パターンとなります。

直接交渉はお客様ご自身の知識や労力・時間も相当使うため、多くの方が法律事務所・弁護士に相談し、過払い金返還請求訴訟によって、返済を請求されています。

これまでは、債務整理のメリットです。

では、債務整理のデメリットはというと、債務整理をした多くの人がデメリットと考えているのは「個人の信用を失う」こと。

具体的に言うとクレジットカードを使えなくなり、新規に作成も出来なくなります。

債務整理のメリットに比べると、デメリットの面を大切に思わない人もいるからこそ、これだけ債務整理をしている人が多いということなのです。

大切なことは債務整理のメリットとデメリットを比較し、それぞれの現在の債務や収入の状況によってベストな方法が違ってきますので、迷う場合は弁護士などの無料相談を利用すると良いでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 民事再生のメリット・デメリット

    まず、企業における民事再生のメリットとして、申請が認可された際は債務が大幅に圧縮され、場合によって前後しますがおおよそ90%と大幅に債務が免除となります。特に現状の事業で売り上げが継続して黒字となっている場合、この債務免除で早期の会社再...


  • 民事再生とは?

    ニュースなどで、経営が悪化した企業が民事再生手続きを申請したというのを時々聞きます。その民事再生ですが、いったいどういったことをするのでしょうか。 まず、民事再生とは2000年に施行された民事再生法に基づいた手続きです。民事再生には個...


  • 任意整理のメリット・デメリット

    借金を抱え苦しんでいる人たちの多くには、債務整理という手続きで借金生活から救われる道があります。この債務整理の方法の一つに任意整理という手続きがあります。 任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、今より...


  • 自己破産のメリット・デメリット

    借金の返済が出来なくなった人の最終手段として、自己破産手続きがあります。しかし、自己破産をすることにはメリットもありますがデメリットもあります。どんなメリット・デメリットがあるのか確認しておきましょう。 まず、自己破産のメリットと...


  • 自己破産とは?

    借金の返済に困った人が最後の手段として行う自己破産の具体的な内容を紹介します。 自己破産とは、借金が増えて返済が不能となった時、生活を再建する最終手段として行うものです。自己破産手続きは裁判所に申し立てて行うのですが、申し立てを認...


  • 債務整理とは?自己破産・個人再生・任意整理・過払い金返還請求・特定調停の特徴まとめ

    「債務」すなわち借金を整理する方法のことを債務整理といい、借金を抱え,苦しんでいる方たちの多くには,債務整理で借金生活から救われる道があります。債務整理に対する十分な情報と理解があれば,借金から解放されます。 債務整理の方法には、自己...