• 借金一本化.net

住信SBIネット銀行のMR.フリーローンの金利を引き下げる方法

住信SBIネット銀行のMR.フリーローン

◆住信SBIネット銀行の概要

住信SBIネット銀行株式会社は、三井住友信託銀行(設立当時は住友信託銀行)とSBIホールディングスが共同で出資する「新たな形態の銀行」に分類される日本の銀行で、ネット専業の銀行です。



◆住信SBIネット銀行のMR.フリーローンの概要

住信SBIネット銀行のMR.フリーローンには、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2つのコースがあり、「プレミアムコース」は最高1,000万円まで、「スタンダードコース」は最高300万円までとなっています。

審査結果に応じてプレミアムコースとスタンダードコースに分けられ、借り手がコースを選択することはできません。

住信SBIネット銀行の口座があれば、最短即日で借入れが可能です。



◆おまとめローンとしての住信SBIネット銀行のMR.フリーローンの概要

まず、住信SBIネット銀行のMR.フリーローンの普通のローンと違う点は、一度借入をすると、それ以降は返済のみとなり、追加での借入はできないところにあります。

つまり、「足りなくなったら借りてしまう」という負のスパイラルから強制的に抜け出すことができます。

また、Mr.フリーローンの基本的な金利は年2.49%~14.79%と、最低金利は他のおまとめローンと比較しても非常に低金利といえます。

さらに、申込時点でSBI証券の口座を持っている、申込前日時点でネットローンを利用している、申込前日時点で住信SBIネット銀行の住宅ローン(三井住友信託銀行の「ネット専用住宅ローン」も含む)の残高がある、などの条件を満たしていれば最大1.0%金利を引き下げることができます。

ただし、Mr.フリーローンを利用するときには、WEBサイトから仮審査申込み、本人確認資料、必要書類を返送、審査結果の連絡、WEB上の会員サイトから契約手続きと振込予約をした上で、指定された口座へお金が振り込まれる、という流れで契約まで進みます。

このように、書類の送付作業が発生するため、どうしてもその日中にお金を借りることは難しく少し時間と手間がかかります。

ですから、Mr.フリーローンなどのおまとめローンを利用するときには遅くとも1ヶ月前には申込みをするなど、余裕を持って手続きが進められるようにしておきましょう。






同じカテゴリーの最新の記事