• 借金一本化.net

おまとめローン審査甘い?低金利のおすすめ銀行

おまとめローンがおすすめなのはこんな人

おまとめローンがおすすめ

おまとめローンの利用を考えている時点で、複数の金融機関から借入れをしている人だと思います。

もし、ひとつの金融機関からの借入れだけだという人は、おまとめローンには向いていません。

そのような人は借換えローンを選ぶのがお勧めです。

例えば、複数の借入れがあり、返済日もばらばらで、いったいどこでいくら借りていて、月々いくら払っていて、いつ完済するのかわからない人。

そしてうっかり返済日を忘れてしまう人。

そんなあなたはおまとめローンを検討しましょう。

一社にまとめる事で、返済日や返済額がはっきりし、返済計画がしっかり立てられます。

また、金利を少しでも下げたい人。

お金を借りているという事は、利息を払っているという事ですよね。

その利息を少しでも減らせば、月々の返済額も減るし、その結果、総返済額も減るはずです。

金利というのは借入額が大きくなればなるほど、下がるのが一般的です。

つまり、ばらばらに借りているより、まとめた金額の方が金利が下がる可能性があります。

それだけでなく、金利というのは金融機関それぞれで違います。

どちらかと言うと、銀行系の方が金利が低い傾向があります。

借りた当時より返済能力が上がっている人は、条件の良いローンの審査に通り易くなり、金利が下がるかもしれません。

きちんと返済を続けてきた人も、期待出来ます。

ただ、金利が下がって月々の返済額は減っても、返済期間が延びてしまうと、結局総返済額は増えていたなんてこともありますので、そこは注意が必要です。

他にも、まとめる事で月々の返済額を減らしたい人にも向いているでしょう。

一つ一つの借入額があまり大きくないと、それぞれ月々の返済額を高めに契約してしまいがちです。

その時は払えると思ったけれど、借入れを重ねた事で家計が苦しくなってしまったというのは、よくある話です。

そんな人はおまとめローンに借換える事で、月々の支払いを減らし、無理のない金額に変更出来ます。

ただ、こちらも先ほどと同じで、月々を減らした事によって、返済期間が延びてしまうと意味がありません。

大幅にダウンするのは良くないかもしれません。



おまとめローンを上手く利用すれば、金利が下がり、返済状況を整理出来、完済が近づくでしょう。

しかし、おまとめローンなら何でも良いわけではなく、自分に合った金融機関を選ぶ必要があります。

きちんと条件を把握してから契約するように、気をつけましょう。



おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンとは、複数の業者からの借金を、借り換えによってひとつにまとめられる商品の事です。

おまとめローンは、膨れ上がった借金をひとつにまとめる事で、月々の返済負担を少なくしたり、管理しやすくする、債務者の負担を減らす目的で作られたローンなのです。

銀行だけでなく、消費者金融でも取り扱っている商品で、うまく利用すれば大変お得なローンです。

一方で損するケースもないとは言えず、借り換えの際は注意が必要です。

メリットとデメリットをきちんと理解してから利用しましょう。

おまとめローンのメリットと言えば、やはり全体の金利が下がり、それによって毎月の返済額が減り、総返済額も少なく済む事でしょう。

一般的におまとめローンは、普通のローンに比べて金利は低く設定されています。

また、借入額が大きくなるほど、金利が更にお得になるという商品もあります。

今現在高い金利で借りている人は、借り換えをする事によって金利が下がる可能性が大いにあります。

5%以上下がる場合もありますので、その際はかなりお得と言えるでしょう。

また、返済日も統一される事で、返済計画も立てやすくなります。

うっかり返済日を忘れてしまうという事もなくなるでしょう。

メリットばかりが目立っていますが、デメリットもあります。

例えば、月々の返済額を減らす事ばかりに気を取られ、返済期間が延び、結局総返済額が増えてしまう場合です。

月々の返済額が減った安心感から気が緩み、新たな借入をしてしまう人もいます。

ローンがまとまったからと言って、借金が減ったと勘違いしてはいけません。

また、当然のように、おまとめローンにも審査があります。

おまとめローンのメリットとして、金利が下がると書きましたが、金利が下がる=審査が厳しくなるのが一般的です。

もし返済が滞った経験があったり、あまりに多くの業者から借入があると、審査に通りにくい傾向にあります。

結果、条件の良い業者の審査は通らず、金利の高い業者でまとめて、得しないどころか、損する事にもなり兼ねません。

おまとめローンの金利や借入限度額も業者によって様々ですから、必ず得するわけではないという事です。



実際におまとめローンを利用する際には、具体的な数字を出して、自分にとって本当に得するかそうでないのか、シュミレーションしてみると良いでしょう。

あなたには、おまとめローンが助けになるかもしれません。



おまとめローン申込みの流れ

おまとめローン申込みの流れ

おまとめローンを利用したいと思ったら、まずは利用する金融機関を選びましょう。

銀行だけでなく、信用金庫や消費者金融も取り扱いをしています。

おまとめローンを利用する人にとって、やはり重要視するのは金利ですよね。

業者によって金利はもちろん、借入可能額も異なります。

現在の金利と借入額を確認して、今より金利が低く、借入可能額が借入額を上回る業者を選びましょう。

また、見落としがちなのが返済期間です。

こちらも業者によって多少違いがあります。

短ければその分月々の支払額が増え、長過ぎれば総返済額が増えます。

無理のない金額になるよう、考えなければいけません。

計算が難しいという人の為に、各社ホームページで返済シュミレーションが簡単に出来る場合があります。

それを使って比較してみてもいいでしょう。

利用したい金融機関が決まったら、次は早速申込みです。

申込み方法にはインターネット、電話、店頭窓口があります。

必要な書類も事前に確認しましょう。

運転免許証やパスポートなどの本人確認書類だけでなく、源泉徴収票や所得証明書などの収入証明書類も必要な場合が多いです。

申込みの際は住所、氏名、生年月日などの基本情報以外に、勤務先や勤続年数、年収などを記入します。

他社からの借入状況や希望額なども、もちろん必要です。

銀行で借り換えを希望する場合は、その銀行の口座が必要である事が多いです。

口座をすでに持っている場合は、口座番号等もわかるようにしておきましょう。

申込みが完了すると、金融機関での審査が行われます。

この時、勤務先や自宅に電話がかかってくる事があります。

主に在籍確認や居住確認の為です。

消費者金融などは社名でなく、個人名で電話をしてくるのが一般的ですので、心配はいりません。

無事に通れば郵送、又は来店により、契約書類を提出します。

店頭窓口で申込みをすると、その場で審査結果がわかり、契約出来る場合もあります。

書類に不備がなければ、指定口座への振込みや、他社への代理返済によって、融資が実行されます。

もし審査に通らず、他の金融機関に申込みする場合、続けて何社も申込むと、返済能力を疑われ、一時的に審査に通りにくくなってしまいます。

しばらく間をおいて申込むようにしてください。



おまとめローンは複数のキャッシングを利用している人にとっては、完済する為の有効な手段となります。

無理のない計画を立て、完済を目指してください。



おまとめローンの審査が通らないのはどんな人?

おまとめローンの審査が通らない

複数の金融機関から借入れをしていて、おまとめローンを利用したいのに、なかなか審査に通らないという人は少なくありません。

そもそも、既に借入れが複数ある時点で、金融機関の立場から見るとリスクがあります。

ですから、審査も他のローンと比べて厳しくなるのが一般的です。

金融機関の中でも、銀行系は特に審査が厳しくなります。

そんな中、すぐにいくらでも貸してくれる業者は、詐欺などの恐れもありますので、注意が必要です。

おまとめローンは審査が厳しいと覚悟して、それなりの準備をしてから申込みましょう。

では、具体的にどのような人が審査に通りにくいのでしょうか。

例えば、今までの借入れで、返済が滞ったことがないかどうかは、かなり重要なポイントになります。

返済状況の履歴は、だいたいどこの金融機関でも確認出来ます。

仮に申込み時に、滞納経験はないと答えたとしても、過去の履歴を確認すれば事実が判明します。

滞納後にまた支払いを開始していても、同じです。

まずは自身の返済状況を確認し、滞納の有無をはっきりさせておきましょう。

滞納があると、回数などにもよりますが、審査に通る可能性は低くなります。

自己破産の経験がある人も難しいでしょう。

次に、1つ目の金融機関の審査を通らなかったからと言って、続けて何社も申込みするのはいけません。

1ヶ月に3件以上申込みをすると、その情報も共有されますので、よほどお金に困っていると判断されてしまいます。

他の金融機関に申込みをする場合は、焦らず間を空けましょう。

また、勤務状況なども関係してきます。

安定した収入があるか、勤続年数が極端に短くないか、などを見ています。

雇用形態が契約社員やアルバイトだったとしても、勤続年数が長く、借入額が収入に見合っていれば、特に問題はありません。

逆に、正社員であっても、入社して数ヶ月であったり、収入に見合わない借入額を希望していると、残念ながら審査には通りにくくなります。

当然ながら申込み内容に虚偽がある場合は、審査の対象にもなりません。

いくら審査に通りたいからと言ってごまかしてしまうと、二度と審査に通らないという事になり兼ねません。

おまとめローンの厳しい審査に通るという事は返済能力があるという事です。

そして、完済へと一歩近づく事は間違いありません。

ただ、借入額が減るわけではありませんので、勘違いのないようにご注意ください。



おまとめローンの審査を通過する為のポイントとは?

おまとめローンの審査を通過する為のポイント

おまとめローンの審査は通常のキャッシングの審査に比べ厳しく、中にはある一定の年収が無ければ申し込みすらできず、門前払いする業者もあります。

そこで大事なのは「審査」です。

まずは審査を通過しなければどうにもなりません。

そこで今回は、おまとめローン審査の通過するポイントを幾つか紹介したいと思います。



◆1.他社借入件数

借入件数は最重要ポイントです。借入の総額よりも借入件数を重視されます。

例えば、総額300万円をキャッシングしている場合、5社から60万円借りている人よりも、1社から300万円借りている人の方が業者からしてれば断然信用が高い、ということです。

つまり、借入件数が多い=現在の借入先業者からまだ信用されていない&限度額が増額できないから複数社から借りることになっている、と判断されてしまうのです。

逆に総額が同じ300万円でも1社のみの人は、現在借入先の業者から信用をされているため限度額の増額に成功している、と判断してくれます。通常限度額は50万円からスタートするため、300万円までアップするには、最低でも2年以上の返済実績が必要です。



◆2.勤続年数

言うまでもなく、長い方が有利です。おまとめローンの場合は少なくとも1年間は同じ会社で働いたほうがいいでしょう。

◆3.多重申し込み

「多重申し込み」とは、1ヶ月のうちに複数の業者に申し込んでしまうことをいいます。

1ヶ月に3社以上申し込んだ場合は特に危険です。

金融期間へのローンの申込履歴は、6ヶ月間掲載され続けますので注意して下さい。



◆4.事故情報

過去にローンの返済で以下のようなトラブルを起こした場合、信用情報に事故情報として掲載されてしまいます。

これは審査にマイナスです。


  • 3ヶ月以上の延滞
  • 不払い
  • 債務整理

このような事故情報は5~10年間保存され、その間は審査を通過するのはかなり厳しいと思います。



最後に、審査に通りやすい時期があることを知っていましたか?

それは、年度末です。年度末の時期は年間の売上げを少しでも伸ばそうと努力します。

年間の目標に達していなければ、融資を増やして売上げを確保しようとします。

可能性を少しでも高めたいなら、年度末まで待ってみるのも1つの方法です。




同じカテゴリーの最新の記事